Topics

お知らせ

2020.08.16

Baby's 誕生物語。パート③

いつも見てくださりありがとうございます(^^)

いよいよ最終回です✨

ここまで、お付き合い頂きありがとうございます!!








↓↓↓
パート② から続きます。


小児を対応してくれる訪問看護ステーションは見つからず。


なかなか退院のメドも立たず、しばらく経ったころ。


なんと、その子のお母さんのご友人が小児の訪問看護ステーションを立ち上げました。


本当にすごいなーと思います。


その後、縁があり私もそのステーションで訪問看護をする事に。


実際、その方を見習って訪問看護を立ち上げだと言っても過言ではありません。



_ _ _


話は逸れますが、訪問看護をやってみて痛感したこと。


それは、在宅でも看護が必要だという事。


[退院する=治療や看護が必要ない]


看護師の中ではこれが常識でした。


しかし実際は、

【在宅でも同じ事、いやもっと繊細なケアが必要】でした。
 

今は、大きな医療ケアからは落ち着いたが、まだまだ看護が必要な方は、在宅ケアに移行する時代です。


私のほんの少しの経験や手助けが、ご家族の大きなサポートとなっていくことを感じてとてもやりがいを覚えました。


_ _ _



そこのステーションにはしばらく勤めていましたが、子どもが小さく家庭との両立が難しくなり、訪問看護は一旦辞めました。


その後、重度心身障害児(者)重心病棟で働き、子どもが少し大きくなったところで、
ご縁あって別の小児専門のステーションの管理者をすることになりました。


それが、ターニングポイントとなりました。


そのステーションの上司は、


「退院する=治療や看護が必要ない」という考えの方でした。


何度も話し合いましたが、考えは変わらず。


もっと質のいい看護、そして家族に寄り添う看護をしたい!!


質の良い訪問チームを作りたい!!


2019年5月。


Baby's訪問看護ステーション、オギャーと誕生しました♪


完。

☆ ☆ ☆

と言った感じで、Baby's訪問看護ステーションを立ち上げた次第でございます(*˘︶˘*)♡


最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございます。


伝えたいことは沢山。また今後も徐々に発信していきます!


あと、この物語を書くにあたり、補足しておきたい事があります。


どうぞお時間のある方は最後まで、お付き合いください(^◇^;)



まず中絶は、必ずしも悪ではないという風に私は思っています。


中絶は母や家族を助ける事もあります。


また、母親や父親の将来の夢の道半ばであったり、環境が整わず止むを得ず必要な事も…。


その母親や父親が将来、医師や助産師になり命を助けたりする事だってあります。


産むだけが全ての善だとは思いません。


しかし、だからこそ家族計画が必要であり、正しい性教育が必要です。


そして、どんな場合でも産むと決めたならサポートが必要だと言うこと。サポートはご近所さんでもオッケー!


1人で子育てさせない環境。これを広めていきたいです。



もう一つ。命の長さが価値ではありません。


短命でも産んで育てる決意をしたご家族。


また、急な病気で残りの命が短いと分かったとき。


そんなとき周囲の人間は、どのように最期を迎えるか、という事に重点を置いてしまいます。


しかし、
【命の価値は長さじゃない。そして最期が大切じゃない。それまでにどんな時間を過ごせるか。】


これは、先輩ナースから教わりました。


私達は、これからも、もっともっと勉強して経験を積んで。



子どもとその家族が、楽しく過ごせるように。

"今が、1番幸せ"

だと思えるように。



そのために全力を尽くすチーム。


そんなチームを目指しています。


なんだか長くなってしまいましたが、最期まで見てくださり本当にありがとうございます!


今後も沢山、小児の訪問看護の魅力を伝えていきます(^O^)/
  • Baby's訪問看護ステーション
    〒822-0101 福岡県宮若市福丸222番地1-2
    TEL:0949-52-7118 / FAX:0949-52-7119
    受付時間8:30~17:30 土日祝は休み
  • Baby's 訪問看護ステーション 北九州支所
    〒802-0043 福岡県北九州市小倉北区足原2丁目3-14-102
    TEL:093-921-7075 / FAX:093-921-7076
    受付時間8:30~17:30 土日祝は休み

© Baby's訪問看護ステーション. All Rights Reserved.